現在地
楽天B2Bトップ > ヘルプトップ > Q&A詳細

楽天B2B  ヘルプ

詳細

取引申請設定の設定する内容によってどのような違いが生じるのでしょうか。

「取引申請設定」の設定内容によっての違いは下記の通りです。

■「取引申請自動承認【必須】
  「する」→取引申請をいただいた全てのバイヤー様に対して自動で承認。
   【注意点】
    ・競合他社が申請をされていた場合、自動承認により下代価格が公開されてしまいます。
    ・小売免許を必要とする商材をお持ちの場合、免許をお持ちでないバイヤー様も承認されてしまいます。
    ・特定のバイヤー様との限られた販路でのお取引をされたい場合は適しておりません。
  「しない」→手動で各バイヤー様の「バイヤー詳細」内容をご確認いただいた上で承認をしていただく方法となります。
         ※承認方法及び承認される際の基準についてはこちらをご確認ください。


■「一括取引申請の許可【必須】
  「する」→貴社の取り扱いカテゴリーに興味をお持ちのバイヤー様から多数の取引申請が届きます。
  「しない」→特定のバイヤー様からの取引申請が届きます。
         例)B2B上で検索を行った末、貴社の商材に辿り着いたなど


Image


※「バイヤー管理」内のその他設定方法につきましては「ショップ運用の応用編」マニュアルの「バイヤー管理」をご確認ください。





★問題は解決しましたか?